一生残るもの

結婚写真とは、結婚をしたときの写真です。結婚式を開いた時などに撮影を行なうことで撮れますが、最近はフォトウェディングというものもあるので、結婚式をしなくても結婚写真を撮ることができます。
フォトウェディングといえば、結婚式をしていない人でも可能なウェディングプランです。しかし、結婚式を行なったという人でも、フォトウェディングを行ない、改めて結婚写真を撮る人もいます。
なぜここまで結婚写真に拘る人がいるかというと、結婚写真は一生残るものだからです。
結婚式は、その日で行なわれるものなので、過ぎてしまえば、一瞬の出来事のように感じることができます。そのため、ウェディングドレスを着ても、あっという間の出来事で、その後は着ることができません。
しかし、結婚写真でウェディングドレス姿を残しておくことで、そのときの幸せな気分を思い返すことができます。
そのため、結婚写真はしっかりとりたいと多くの人が考えています。
結婚写真があれば、将来子供に見せて、綺麗なお母さんとして自慢をすることもできますし、幸せな気持ちを保存しておくことができます。
そのため、結婚写真を撮るフォトウェディングというプランは、想い出作りのためにあるプランです。
結婚式をすることが出来ないために、フォトウェディングをすると考えるひともいますが、それは違う場合があります。